サポート Windows 7以降 で利用する場合の注意事項
Windows 7以降 で利用する場合の注意事項
現時点で判明している問題点および注意事項は下記の通りです。
"Program Files"にインストールすると、データの保存先が変わる
"Program Files"にインストールすると、データの保存先が変わる

ソフトを"Program Files"にインストールすると、データの保存先が強制的に変わるなど、 意図しない動作になる事があります。特に新しいPCにデータをコピーして利用する場合は 注意して下さい。

以下、"Program Files"に関して、簡単に説明させて頂きます。

Windows 7以降 において"Program Files"以下のフォルダにデータを書き込もうとすると、 強制的に他のフォルダに移動されます。

例えば下記のtotoフォルダに書き込もうとします。
「C:\Program Files\toto」

すると、実際は下記のtotoフォルダに書き込まれます。
「C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\toto」

(AppDataは隠しフォルダなので、Windowsの初期設定では表示されていません。)

何故、この様な仕様になっているのか?

Windows 7以降 では、セキュリティが大幅に見直されました。UAC(ユーザーアカウント制御)により、最低レベルに近い権限で実行されます。 その為「Program Files」の下に書き込む権限がありません。

その結果、多くのソフトがこのままでは動かなくなってしまいます。 その為、"Program Files"の下にデータを書き込もうとすると、強制的に権限がある所に、 移動するようになっています。

(マイクロソフトは、この強制的に移動する方法を、将来も継続するか判らないので、 出来る限り利用しない事を推奨しています。)

なお、管理者として実行している場合は、今まで通り「Program Files」の下に 書き込まれます。データを分離したくない場合、管理者として実行して下さい。

(ただし管理者として実行したり、しなかったりすると、エラーの原因となりますので、 注意して下さい。)

少々判りにくいとは思いますが、"Program Files"の下にインストールする場合は、 動作確認を十分に行い、理解をした上でご利用下さい。

なおこの問題に関して、掲示板で回答しています。
「Program Filesでの動作について - KATSUAKI 12/03/25-01:36 No.8271」
こちらを参考にして下さい。

totoプロジェクトでは、ソフトのデータの保存先として、totoフォルダの下に
[SysData]に"システムデータ"、[UserData]に"ユーザーデータ"を保存しています。

何故この様な仕様になっているかですが、totoプロジェクトは"ソフト"というより 便利な"ツール"を提供する事から始まりました。

そのため、簡単に試すことが出来て、不要なら完全に削除出来るようにするため、 1つのフォルダに全てを納め、レジストリを一切利用しない方法を採用しました。

しかし、この方法はWindowsが推奨する方法ではないため、今回の問題が発生しています。
今後 SysData、UserDataを推奨される場所へ保存する事を、検討していきたいと思います。


Copyright (C) 2018 TOTOPROJECT All rights reserved.